2018年06月15日

髪のプロが教えるシャンプーの知識  ”シリコンて何??”



みなさんは、「シリコン」ってシャンプーに入っている成分の事を 知っているでしょうか??


一時期のノンシリコンシャンプーブーム(シリコンという成分が入っていないシャンプー)

その少し前くらいに 「なにやらシリコンが入っているシャンプーは髪に悪いらしい」と話題になり、  たくさんのお客様から

ノンシリコンシャンプーっていいんですか???

と聞かれました。





IMG_0838.jpg





今回は、そのシリコンについて お伝えします。



シリコンとは シャンプー剤の表示成分に書いてある

・ジメチコン
・ポリマー
・メチコン

などなどが代表的なものです。


では なぜこのシリコンとは何なのか? シリコンが入っているものは 髪に悪いのか???




あ、、ひとつ 言っておきますが  シリコンの全てが髪に悪いわけではありません!! ここ重要
ちなみにシリコンは医療でも使われます。 傷口を縫うときにも使われているものもあります。




主にシャンプーに入っているシリコンとは、  洗った後の髪の手触りを良くするために 髪の表面に皮膜を張ります。


髪に膜を張るので当然 凸凹がなくなり手触りがとても良くなります。



でも ここで問題があります。


髪が健康の状態を保つには、   「油分」  と  「水分」 が 必要です。(皮膚と一緒ですね)



膜を張ってしまうと この水分が 入りにくくなってしまいます。

髪は、乾燥して行き 酸化してダメージにつながるんですねぇ。


シャンプーをするたびに 皮膜を重ねる事になり、初めは手触りよくなるんですが、使い続けていると どんどん手触りが悪くなり

毛先が脱色し 黄色くなっていきます。



さらに シリコンの種類によっては、  熱を通した時(アイロンやコテなどでセットした時)  プラスチックのように固まるものもあります。
(髪がパリパリになったりします。)







やはり シャンプーにはシリコンは入っていない方が 良いんじゃないかなと 思いますね^^












posted by 美容室コスモス at 21:33 | 髪のプロが教えるヘアケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする